FC2ブログ

日々是好日

季節と共に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

梅は咲いたか~♪

亀戸梅屋舗

 
 そろそろのつぼみが、ほころび始めたようです
梅は花びらも、つぼみもまん丸で、ポップコーンのように可愛らしいですね~

お江戸の人も長い冬のあいだ、可愛い梅が咲くのを楽しみにしていたでしょう。
こちらは歌川広重の手による浮世絵「亀戸梅屋舗」の絵てぬぐいです。

広重が晩年に江戸の風景を描き残したシリーズが「名所江戸百景」の作品の中のひとつです。

見た瞬間、茜の空から緑の大地へと色の変化が目に飛び込んできますが、
注染という染の技法でグラデーションを表現するのは、職人にとってはとても難しいものです。

またダイナミックに迫ってくる太い幹の向こうには、遠近法で遠くの梅の木々が見えますが、
このように大胆さと繊細さの表現からは、彫師の腕の素晴らしさも感じられます。
てぬぐいのサイズに合わせ、原画を上手に切り取るのも技のひとつなのです。

この浮世絵、ゴッホも模写したといわれるそうですが、構図といい色彩といい、
若々しくてとても晩年の作品とは思えないですね!


白梅


麻の葉のある麻布十番からちょっと足をのばし、芝公園の梅林まで行ってみたら、
早い花はもう咲きはじめていました。

これからまだまだ寒さは増しますが、紅白の梅の花を見ると、心のなかがぽっと温かくなるようです

梅の絵で有名な中国の画家 王成喜の原画による「白梅図」の絵てぬぐいもございます。
墨で描かれた枝振りは、とても力強く、こちらもグラデーションを駆使した染師の技が活きています。
麻の葉でぜひ手に取ってご覧になってくださいね!


白梅図


梅見のあとは麻布十番の「麻の葉」にもお立ち寄りいただき、
季節の絵てぬぐいからも春のはじまりを感じてくださいね。(Zabuco)

亀戸梅屋舗 1,944円(税込)
白梅図/王成嬉 1,620円(税込)
  1. 2015/01/27(火) 16:06:02|
  2. てぬぐい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テーブルウェアフェスティバル6日目レポート! | ホーム | 麻の葉にすむ鬼?!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://artsoublog.blog14.fc2.com/tb.php/134-2dd6224e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。